納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

目が悪くなる原因とレーシック手術の関係について

もしもずっと視力が良い状態でいることができるのであれば、メガネやコンタクトレンズのお世話にならなくて済みますし、レーシック手術とも一生無縁でいることができます。
誰しも目が悪くなりたいとは考えていませんが、注意しているだけで目が悪くなることを完全に避けることはほぼ不可能です。
確かに目を酷使することが視力の悪化に結びついている面があることを否定することはできませんが、目が悪くなる本当の原因は、その人が生まれ持った遺伝的素質に起因している部分が大きいのです。
生まれたばかりの赤ちゃんは遠視に近い状態だと言われています。
ただし、その遠視の程度には個人差があり、まさに遺伝が支配するところになっています。
その後、体が成長するにつれて眼球も大きくなります。
大きくなることによって眼球に奥行ができるために、遠視の状態が改善され、ほぼ正常に見えるようになっていくのだそうです。
でも、もともと遠視が弱い状態で生まれてきた人は成長することによって近視になってしまいます。
身長の伸びなどは十代のうちに止まってしまいますが、眼球の成長は三十代後半まで続きますので、もともと近視になりやすい素質を持っていた人は、特に目に悪いことをしていなくても、自然と目が悪くなってしまうと言われています。
しかし、環境的な要因も無視することはできず、特に眼球の成長が活発な思春期にゲームやパソコンなどをやりすぎると、近視の度合いが強くなってしまうと言われています。
なので、目を悪くしたくないのであれば、生活環境にも気をつける必要があります。
目が悪くなってしまうと日常生活にも支障をきたしますので、放置しておくわけにはいきません。
そこで、まずはメガネによる矯正、その次の段階としてコンタクトレンズによる矯正をする人が多いです。
目がドンドン成長している18歳未満の人の場合は、レーシック手術が不適応とされていますので、思春期の人がレーシック手術で視力矯正を図ることはできません。
しかし、18歳以上になり、ある程度視力が安定してくれば、手術を受けることが可能になります。
レーシック手術を受けると、それ以降は裸眼で過ごすことができるようになりますので、非常に便利です。
ただし、メリットと同じくらいデメリットもありますので、その両方を正しく理解した上で手術を受けるかどうか決めるようにした方がよいでしょう。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー