納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術によるリスクについて

私は、前にレーシック手術を検討した際に病院や様々な方々にお話を聞き、手術によるリスクについて知りました。
その中で今回は、手術による合併症と後遺症について紹介します。
ここで紹介する事は、確実にそのような症状になるのではなく、手術を受ける方々には、このようなリスクもある事を知って頂く為のものになります。
この手術は、比較的安全な手術ですがそれなりにリスクを伴います。
まずは、最小限に抑える事が重要ですので、信頼のおけるクリニック選びを入念に行いましょう。
それでは、まず合併症の一つであるハログレア現象について紹介します。
私が実際にその症状になっている友達に聞いたのですが彼女は、現在もハログレア現象に悩まされています。
ハログレア現象とは、夜のイルミネーション等を見た時に光がぼやけて見えたり眩しく見えたりするようです。
レーシックは、手術を受けて失明をするリスクは極めて少ないです。
しかしクリニックの医師や機器などのやり方次第で、失明やこのような手術前と手術後の見え方が違う事もあるというのは、十分あり得ますので注意が必要です。
次にレーシックの後遺症についてです。
この手術を受ければ視力回復する事ができ、眼鏡やコンタクトをつける日々から開放されますが、必ずしも安全という保障はないのが現状です。
これは私が通っていた医師の話しになりますが、どうやらレーシックを受けた事がある方々の中に後遺症が残ってしまった方々もいるようなのです。
その後遺症の中で一番多いのが、ドライアイの症状になります。
先程紹介したハログレア現象に悩まされている友達もこの症状になったそうです。
その理由としてこの手術をした際にレーザーを目の角膜に当てるのですが、そのレーザーが角膜の動きを鈍くしてしまい、瞬きが減ってしまうからだそうです。
しかし、ドライアイに関しては手術後に目薬を処方されるようなので、それをつけていれば、大体3か月で良くなるそうです。
またこの他にも、一時的な乱視状態や近視の状態に戻ってしまったり、セントラルアイランド等の後遺症に悩まされる人もいるようです。
以上のようにレーシック手術には様々な後遺症もある事が分かって頂けたかと思います。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー