納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

多くのプロ野球選手が利用しているレーシック

野球好きな両親の存在もあり、子供の頃からテレビでプロ野球を見る事が大好きでした。
もちろん、小さな頃の夢はプロ野球選手で、小学生に上がってからは地元の野球チームに加入し、セカンドのポジションで活躍をしていました。
中学校に入学してからは、当然野球部に入部し、ポジションはセカンドからショートに移し、自分自身打撃と共に守備をする事が大好きだったこともあり、毎日が非常に充実していました。
高校は公立高校に進学したのですが、3年生の時には全国大会でベスト4まで進んだ経験がありました。
その後、大学に進学をしてからは、本格的に野球をする事はなくなりましたが、サークルのイベントでたまに野球を楽しむことがあるぐらいでした。
大学生活を終えた後は、IT関連企業に入社し現在も働いています。
基本的には一日デスクワークと言う事と、業務のほとんどはパソコンを使用しているといった状況であるため、かなり視力が悪くなってきていると言う自覚はありました。
そんな中、社内で草野球チームが新たに結成される事になり、ずっと野球をしてきた事もありすぐに草野球チームへの加入を決めました。
しばらくして、初めての練習があったときの事です。
学生時代の時にははっきりと見えていた球の軌道が、久しぶりに見てみると全く見えなくなっていた事に気が付きました。
以前は打撃時にも守備時にも、すぐに球に反応できていたのですが、球が見えなくて戸惑っているうちにボールが目の前、という事が起きていました。
仕事で目を酷使しているためと言う事は分っていましたが、いずれにしても視力矯正が必要でした。
そこで、最近人気のレーシックで視力を取り戻す事にしました。
レーシックは、多くのプロ野球選手も行っている事を知っていて、最近読んだプロ野球選手のインタビューでも、数年ぶりに打撃スランプから復活したのは、レーシック手術で視力矯正をした事が大きな要因、といった内容が語られていました。
私も草野球レベルではありますが、野球を全力でプレーするためにも、手術をする必要があると判断しました。
実は以前から興味はあったので、数件のクリニックはピックアップしていました。
数件ピックアップしたクリニックの中で選んだのは、料金が安く信頼性の高いクリニックです。
これまで多くの治療経験があり、さらに大手なので信頼性は高いですし、利用者も多いことから料金も抑えることができると言う事で、低価格での手術が可能と言う事だったので即決しました。
検査やカウンセリングの後にレーシック手術を行ったのですが、想像していたよりも短時間で手術も終了し、今では目の前がクリアな視界に生まれ変わりました。
レーシックを経験したプロ野球選手のインタビューで読んだとおり、草野球をしている時にはボールの球筋がクッキリ見えるようになり驚きました。
最近では、目だけではなく体も学生時代の時の時を思い出したように動くようになり、草野球を楽しんでいます。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー