納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

近頃話題のレーシック手術とブルーライトについて

元々、事務系の仕事をしていたので、疲れ目が気になっていました。
仕事の後は眼が重かったり、頭痛がしたりで何かと不自由に感じた事もしばしばあった。
健康診断では年々視力の低下を実感していました。
そんな中、耳にしたのがレーシック手術だった。
何でも角膜を矯正する事によって視力を回復する事が出来るらしい。
眼が悪くなったら、コンタクトか眼鏡が相場だったが、いずれも裸眼にくらべれば、やはり不自由なのは否めない。
視界が限られたり、外れてしまったり・・・ レーシックは裸眼で視力の回復をしてくれるらしい。
そんな夢のような技術があるとは驚いた。
手術後は帰宅可能。
事前の検査で適応者・不適応者に分けられるが、ほとんど不適応者はいないそうです。
意外とハードルの高くない手術では無いようにおもいました。
ただ、調べてみると問題点もある。
まず、費用が高い。
健康保険が適用され無いため、両目で8~50万円と症状によってかなり負担額が異なる。
場合によっては医療控除や生命保険の特約という形で手術の給付金を受け取れるらしい。
医療控除は確定申告の際、領収書を提示出来れば、一部返金になると思います。
生命保険の特約については各社規定も違うと思うので、事前に保険会社に相談した方が確実かと思います。
また術後の後遺症の可能性が無いとも言えない。
代表的なのが、ドライアイ・感染症等があげられます。
唯、今は精度があがりほとんどの方が視力1、0以上に回復するそうで、感染症に関してもそのほとんどが人為的ミスだそうです。
またブルーライトに眼が疲れ易くなったという話もよく聞くが、これも今流行のpc眼鏡をかければ問題ないようです。
いずれにしても、まだ出来て間もない手術なので、病院の探し方や担当医師の選び方が重要になってきます。
決して安くは無い手術代、手続きも保険や病院のキャンペーンなどを使う事によってかなり出費の違いが出て来ます。
また『眼』の手術なので、術後も面倒くさがらず定期的に通院された方が、安心だと思います。
例がない分、方法が確立されていないので、手間がかかるのが当然と言えば、当然ですが、労力を費やして『選ぶ』、それだけの価値がある手術だとも言えます。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー