納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

カラコンなどで落ちた視力を回復させるために受けたレーシック手術について

私は20代のサラリーマンで食品会社の事務職に勤めております。
ビジュアル系バンドが好きで自身もバンドのボーカルをしており、メイクの際にカラコンを常につけて曲を演奏しております。
そのような目に負担のかかる仕事に余暇にも目に負担をかけるカラコンを行っていたためにある日視力が急激に落ちてしまいました。
そのため、ネットで評判が高かったレーシック手術を受けてみることに決めました。
会社での有給がある程度残っていたため、休みを取る準備もできており、目が良く見えるようになって仕事も順調にいくのならと上司も快く了解してくれました。
そこで、先ずはじめたのが下調べです。
そのようなクリニックが一番腕がいいのか、失敗例がないかなどを入念に調べ、費用の面や自宅から近くにあるかなどを総合して選択しました。
今思えば自分の選択に間違いはなかったと思います。
結局は自宅から車で20分程度のところにあるクリニックに決定しました。
実際に行ってくれたスタッフの人たちは親切で落ち着いた空間でしたので安心して施術を受けることができました。
手術台に登ったら麻酔用の目薬をさされて機械で目を押し当てられました。
自分が想像していたよりも大量の麻酔用の目薬をさされたため驚いたのですが、麻酔が効いてきたせいか感覚がなく10分程度で手術が終わりました。
意外と早く終わりうれしかったのですが、まだ外の景色は見れません。
だんだん麻酔も切れてきて目がじんじん痛くなったのを覚えております。
しかし、眠れないほどの痛みではないため我慢はできました。
そのような状態が三日間ほど続き痛みがなくなってきたような時に見た景色は手術前と変わっておらず、手術失敗かと思ってくらいです。
そのことをスタッフに相談すると手術後ピントが合って視力が回復したと実感するまで2か月くらいはかかるといわれました。
しかし、手術をしたのに視力が回復していない期間が想像以上に長かったため辛かったです。
退院して仕事を行っているときでも手術前と同様に眼鏡をかけなければならず、めんどくさいなと感じていました。
しかし、手術から2か月がたったある日にもうそろそろ見えるかなと思い眼鏡を外すとピントがゆっくりと合ってきたのでレーシック手術を受けてよかったと思いました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー