納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

お酒ってレーシックの手術に案外重要だったなんてしらなかった事実

レーシックの手術を受けるに当たって、そこの眼科では、いろいろと注意事項として事前に守るべき項目というのがあって、それを踏まえて手術に同意書のサインをしたのですが、その注意事項の中に、お酒の項目があったことにはちょっとびっくりしたのです。
レーシックごときの手術でお酒が関係してくるなんて思いもよらなかったのですが、これというのは、術前と術後において、特に術後1週間は最低控えるようにとのことだったのです。
その理由もいろいろと説明されていましたが、私の場合、子供のころから自分の親父が晩酌をして育った環境でもあったので、アルコールのない夕飯というのは考えられない事実でもあったのです。
それほどアルコールというのが好きという問題をとおりこして、ほとんど欧米でいうところの水代わりにワインを飲むのと同じようにアルコールを飲んでいたので、ない生活というのが想像もつかなかったほどなのです。
でも、アルコールというのは、レーシックに対して前日アルコールを控えるのは、前日に行う検査に影響が出るために検査結果を見て手術の最終判断を下す以上問題があり、そしてなんといっても、眼圧が上がるなどの障害になるためと、平常時において飲酒していると瞳孔そのものが広がることがあるので、それはレーシックの手術において問題のあることであるということで、控えようにする必要かあると言う説明を受けたのです。
また、検査というのは、前日にも行ったのですが、その前にいろいろな検査を行っており、前日に行う検査で視力検査というのがあって、これに対して、飲酒していると集中力や判断力が鈍る傾向にあるために、正確な結果が得られない可能性があるとのことらしいし、眼圧が上がっていると点眼薬が使用できないことになるし、瞳孔を開く点眼薬を行うことで、眼圧が上がりすぎてしまい緑内障のような症状を引き起こしたりすることがあり、お酒を飲んでしまうと瞳孔が広がったままになりピントがあわせにくく視力検査に悪影響をおよぼすことから控えるということになるのです。
また、術後というのは、飲酒をしていることによる無意識の動作を避ける意味があり、飲酒していることで、判断力が低下して無意識の時間が長くなることで目を擦ってしまったりする動作をさせないためでもあるのです。
これは、角膜を削るときにフラップが不安定な状態になっいるので、それが安定するまでの期間が最低で1週間ほどかかるということから、そのように説明をうけるのです。
このようなことを含めてレーシックの手術を行った結果、近眼がすっかり治ったことで、長年馴染んだめがねをはずせたことには、大変びっくりしたものです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー