納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックの手術前後はアルコールを控える

レーシックの手術を行うに当たり、お医者さんからいくつか注意事項を話されました。
そのうちの一つが手術前後はアルコールを控えることでした。
理由は眼圧が上がってしまい、瞳孔も開いてしまうからでした。
細かい説明もあり、分りやすく説明してくれたので、不安はありませんでした。
眼圧が上がってしまうと手術後の点眼薬も使用できなくなってしまうそうです。
私は几帳面な性格なので手術前に会社の飲み会がありましたが一切飲みませんでした。
しかし、手術前日のこと。
わくわくとドキドキと少しの不安があり、なかなか眠りにつけませんでした。
おまけに真冬ですごく寒かったのです。
そういうときはいつも梅酒のお湯割りを飲んで寝ていました。
私はあまりお酒が強くないので普段からあまり飲みませんが、お湯でたくさん梅酒を割れば、体が温かくなるし、すぐ眠れるので飲んでしまおうか悩みました。
一緒に住んでいる彼氏もお酒は全然飲めませんが、私が梅酒をお湯割りで飲み始めてから、ハマリだし毎晩、梅酒のお湯割りやって。
と言ってくるので、その日も頼まれました。
はじめはお医者さんに止められているので彼氏の分だけ作り、我慢していたのですが、体あったくなってきた。
と言われ、誘惑に負けてしまい、少しだけならと少しだけ飲んでしまったんです。
その日は体が温まり、ぐっすり眠れて、翌日手術を受けに出かけました。
お医者さんに目を検査してもらいましたが、充血している。
昨日はよく眠れましたか。
と聞かれ、ぐっすり眠れました。
と答えましたが、少しお酒を飲んでしまったことを思い出し、正直に話しました。
お医者さんには、眼圧も上がっているし、今日はできません。
と言われました。
アルコールは控えるように。
理由も説明した通りで、私以外の医者でもアルコールを飲んでしまった患者さんの手術はできませんよ。
と注意を受けました。
レーシック手術は人気のある手術で、私は仕事が土日休みなので土日にしか予約できず、予約が埋まっている関係で3週間ほど延期になりました。
手術の前日までアルコールを控えていたのにたった1日で手術を延期することになってしまい、非常に後悔しました。
やはり、部分麻酔とはいえ麻酔を扱う手術ですし、お医者さんの言いつけはきちんと守った方が良いと改めて思いました。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー