納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックの効果を持続するためには

レーシックを受けると、視力が上がります。そのための矯正手術なのですから当然です。つまり長く持たせるには、目に負担を掛けないことが必要です。
生まれた時には、そんなに差がなかったはずの視力です。では何故、視力が良い人と、悪くなってレーシックを受ける人がいるのでしょう。

それには遺伝もあるかもしれませんが、ほとんどが環境の差といってもいいでしょう。
例えば外で走り回っているような子供と、家でゲームばかりしている子供では、どちらの視力が早く落ちるのかといえば、間違いなく後者の子供です。
外で遠くを見ることは目にいいことに対し、ゲームやパソコンなどは近いうえに、目にやさしい画面とはいえないからです。

そして、レーシック手術までして取り戻した視力を、長く維持したいと思うのは当たり前です。だったら目を大切に、以前よりも大事に扱いましょう。
それには何よりも、目を疲れさせないように、長めのパソコンやゲームは控えた方がいいでしょう。

仕事でパソコンを使うという人は、パソコン用の眼鏡をかけて目を保護するとか、1時間に数分画面から目を離しましょう。
また、集中してパソコンに近づきすぎてもいけません。

もし仕事をさぼっているとみられるからできないというのであれば、目立たないように視線をパソコンの画面から離して、
目のツボをさりげなく押すのもいいでしょう。

また帰ってから40度の蒸しタオルで目を覆うと、その日の疲れた水晶体の厚みを調節し、ピントを合わせる毛様体筋のコリをこまめにほぐしてくれます。
そうすることによって疲れが残りにくくなり、視力も保たれます。

そして目を酷使しない他には、食べ物による視力のキープです。視力回復のサプリメントも多々ありますが、
ビタミンB群はサプリメントでとらないで、食べ物で摂った方がいいでしょう。

なぜならビタミンB群に含まれる様々な効果が作用しあって、目の視力を回復させるといわれているからです。
できれば他の栄養素も食材として調理して、美味しく食べた方が目にも健康にもいいでしょう。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー