納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術と医療費控除について

みなさんの中で大部分の方が使うことができる、レーシック手術の料金を安くできる方法は、確定申告による医療費控除です。
医療費控除というのは1年間の1月から12月までの間、本人、もしくはその家族のために支払った医療費が、
10万円を超えた分の医療費を確定申告する事によって、お金がもらえることを言います。

または、総所得が年間200万以下の人で、医療費が総所得の5%のことに当たり申請してもらったお金もそうなります。これらは還付金といいます。
この還付金をもらうには、すべてのレシートや領収書などが必要ですので、1年分をしっかり取っておきましょう。
嬉しいことに、全て自費出費であるレーシック手術も、ほとんどがこの医療費控除の対象となるのです。

ちなみに医療費控除額は、医療に関わった金額を全て足して提出します。
ですから、普通に暮らしている分には医療費が10万円に達さない健康な一般家庭でも、
レーシックを受けた年は、家族の医療費なども全部まとめて提出してしまいましょう。

ちなみにこの医療費控除は、レシートや領主書さえあれば5年前まで遡って請求することができます。
ですからすでにレーシックを受けている人や、医療費が10万円を超えていた年があった人も、5年前なら今からでも間に合うので申請してしまいましょう。
レシートや領主書がその金額の目安にもなりますので、多くあった方がお得です。

ところがこれだけしても、地域によってはレーシックを対象外としている税務署もあるということです。
レーシックの自費治療がネックとなる場所もあるようです。
そういうところは自費治療のすべてを対象外にしているといってもいいですので、期待しないようにした方がいいでしょう。

対策としては、堂々と申告すればよいそうです。
事前に聞いたら、いい返事がもらえない可能性もあるらしいので、はじめたらもらえたらいいという気持ちでの提出です。
そしてもっとも勘違いしやすいのですが、医療費控除は年末調整には入らないということですので、ご注意ください。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー