納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術をした後の注意事項

レーシック手術事態は早く終わりますので、日帰りが可能なのですが、その分しっかりと自分でケアをしなければなりません。
そのためには、医師からの話を聞いて自分でケアをしましょう。

そして帰る時は、人などにぶつかったりしないように気をつけましょう。
なぜなら手術したばかりの目は、保護用眼鏡をかけていても守りきれないくらいに弱いものだらかです。
この保護用眼鏡は、病院で点眼薬、内服薬、眼帯等と一緒に渡されます。見た目が少しごつく感じるかもそれませんが、外さないでください。

そして家に帰っても、目を酷使するようなことはせずに、のんびりしていてください。
そのうち麻酔の効果がきれてきて、目がゴロゴロしたり、涙がでたりします。

そうしたら病院でもらった点眼薬をさしたりして、ドライアイになるのを防ぎましょう。我慢をすると目を開けられなくなるので、きちんとつけてください。
また眼帯は、寝る時にしてください。寝ている間に外れないようにしっかりしましょう。うっかり寝ている間にこすってしまったでは洒落になりません。

そして手術を受けた日のお風呂ですが、我慢してください。
翌日からは入れますが、目の周りのガードはしっかりした方がいいでしょう。水がかかってはいけません。

そういうわけですので、化粧も目の周りは二重の意味でやめておいた方がいいでしょう。化粧の成分が目に入ったら困りますし、落とすこともできません。
そして翌日には、定期検診の第1回目があります。
よく見てもらって様々な許可がでるまでの期間などをしっかりと覚えておきましょう。

ただこの定期検診は、翌日だけではありません。病院によって多少は違いますが、1週間後、1か月後、3か月後、半年後、1年後などとあります。
新たなアフターケアなどに入っていればもっと細かいです。全てにきちんと行くようにしましょう。

検診に行かない人なんていないだろうと考えてしまいがちですが、はじめは神妙でも次第にいいかという気持ちにならない人がいないいとも限りません。
ですが定期検診をきちんと受けていれば、もし異常をきたすようなことがあっても、早めの対処も可能になるのです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー