納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術の注意事項

レーシック手術を受ける人の多くは近視ですので、遠くを見られるようになりたいからという理由で、近視矯正手術を受けます。
勿論あまりに目が悪くなりすぎて視界がぼやけたり、眼鏡やコンタクトレンズが負担になるほどに体に支障がでる場合もあります。
そんな負担から逃れたくて、レーシックを受ける人もいます。

厚い眼鏡を外してもいい許可がでての景色は、とても感動します。
遠くが見られるようになるのも嬉しくなりますが、近くも当然見えなくては意味がありません。
このことは、頭に入れておくべきことなのです。つまり見えすぎることへの弊害です。

経験の少ないこういうことを知らない医師に当たると、たまに視力の数字を出すことばかりに一生懸命になりすぎて、
視力の出しすぎということになってしまいます。

強度の近視だった人が視力2.0を出すことになると、かなり眼球の角膜にレーザーを当てることになります。
つまり角膜の削る量が多くなるということです。失われた角膜は戻りません。できればあまり削らずに済ませたいものです。
結論を言うと視力は1.5で十分といわれており、1.2、1.0でもいいくらいです。

適応検査の段階で担当の医師を教えてくれますので、視力の希望もはっきりと言った方がいいでしょう。
この時点での話し合いはとても大切で、すれ違いや勘違いが起こらないようにしっかりと打ち合わせましょう。

いきなり見えすぎるようになると今度はそれが原因で頭痛が起こります。
人間は適応することができますから、だいたいの人は時間をかければ治まりますが、たまに適応できない人もいるので、あまり欲張らないようにしましょう。

それにレーザーを当て過ぎて削られて、それで近くが見えにくくなったら何のためにレーシックしたのか分からなくなります。
確かにレーシックをする方としては、満足する視力矯正手術をクライアントに提供することは、当たり前のことなのですから、
最初の適応検査の段階でこの点をよく話し合って、自分の身は自分で守りましょう。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー