納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

食生活の改善が視力回復の近道

食材の中には、かなり目にいいものが多く含まれているものが多いのをご存知ですか。
今回はその中でも、「視力回復」の部分にだけ焦点をあてた食材をご紹介いたします。

まずは視力回復にいい食べ物の代名詞ともされるのが、ブルーベリーです。
アントシアニンと呼ばれる栄養素が、ブルーベリーに含まれているポリフェノールの一種で、青紫色の色素です。

またビルベリー、ブラックベリー、ラズベリー ストロベリーやカシスやプルーンなども同じ仲間になります。
そして赤ワインも、ポリフェノールですから葡萄にも含まれます。

次にビタミンB群を含む食べ物がいいのですが、日本では牛の生レバーが食べられなくなってしまいました。
実は動物のレバーは、視力回復にも抜群の効果を発揮するといわれている「ビタミンB群」を含んでいる食材で、肉や野菜などの栄養素を、
最大限に取り込もうとしたら、やはり生食が最適ではありました。

これまで生レバーを好きで食べていた人は、無意識に視力回復を実行していたことになります。ですがもう生で食べてはいけません。
そう決められましたし、視力回復のためとはいえ、食中毒の危険を犯してまで、生レバーを食べる必要はありません。

レバーは火を入れても栄養価はさほど落ちませんので、全く問題なくビタミンB群も損なわれません。
調理して食中毒の心配がないので、毎日食べる方が体にはいいです。
またレバーは、牛、豚、鳥とありますが、どれも視力回復だけでなく豊富な栄養素を含むため、健康にもとても良い食材です。

そして魚だと青魚の鰯なども、新鮮なものでしたら一匹丸ごと食べれば、栄養価が高いのでベストなのですが、やはり新鮮なものを手に入れるのは難しいです。
ビタミンB群は、それぞれがつなぎ合わさって作用するビタミンですから、単一のものをサプリメントでとるよりは、やはり食べ物の方が効果的です。

このビタミンB群は中でも、脳が外部に出た部位と言われる眼球には、特に効果が見られるとも言われています。
これこそが、ビタミンB群が視力回復に効果があると言われる理由でもあります。

他にも別の食材に含まれている「タウリン」「ルテイン」「ビタミンA」「DHA」などが効果的な栄養素になります。
要するに食生活を見直していけば自然と視力回復に効果のあるものを食べることになるのです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー