納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

視力を効果的に回復させるには

視力を回復させるには様々な方法がありますが、一番効果的なのは目を疲れさせないことです。
かといって、ずっと目を閉じていろというわけではありません。寝過ぎは腫れます。
つまり適度に休憩をする、疲れ目にしないのは基本です。

まずは、視力をこれ以上に落とさないように心がけましょう。それには、休憩のたびになるべくなら、遠方を見るのもいいでしょう。
もし部屋の中にいるのなら、窓の外の景色などを眺めるのがいいでしょう。また夜に、夜空などを見上げるのもいいですよ。
ただし、授業中や就業中にぼんやりと外を見ていては注意されますから、やめるようにしましょう。

また目を休ませるために、40度の蒸しタオルで目元を覆ってじんわりリラックスすることによって水晶体の厚みを調節して、
ピントを合わせる毛様体筋のコリをほぐします。こまめにほぐれることによって疲れが残りにくいので、視力も落ちにくいのです。

それから、眼筋トレーニングなどもいいです。
方法は目を高速で動かすことで、外顔筋を鍛える視力回復トレーニング法ですが、あまり人前では出来ませんので、
家でじっくりと目のツボを押すマッサージなどと一緒にしてみましょう。

後は食事療法などがお勧めです。ブルーベリーやカシスなどに含まれているアントシアンは、眼精疲労を抑えて回復してくれる栄養素です。
また、近視の進行を防ぐ働きがあるともいわれていますので、よく目にはブルーベリーがいいと言われるのですね。

そして視力回復にいいと言われているのが動物のレバーです。牛、豚、鶏のどれでも構いません。
また生で食べる必要もないので、じっくりと火を通して食べてください。火が通っても目にいいとされるビタミンB群は損なわれませんのでご安心ください。

そして同じような効果がある魚類が、いわしを筆頭にした青魚類です。
新鮮なものをまるごと食べるのがいいのは肉のレバーと同じですが、やはりよほど新鮮でないと危険なので、調理しましょう。
火を通しても壊れない栄養素を美味しく料理して、毎日食べれば視力回復にも有効です。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー