納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

視力の低下の原因とは

視力が低下する原因といえばいろいろ考えられますが、目の酷使が一番の理由になるのではないでしょうか。
しかも意外と、近くのものを凝視したりしませんか。

学生なら勉強のためには当たり前ですし、本やマンガも読めばTVだって観ます。
それは社会に出るようになってからもデスクワークなどの仕事をするかぎり、今ではパソコンなどを使っての仕事から逃れられません。

また趣味が読書の人もいますし、やはりTVをかけることも多いでしょう。勉強は学生の本業ですし、仕事も社会人の本業です。
それを止めろとなんていえるわけがありません。

そこで大事なことは、視力低下の予防と防止の方法です。
勉強もデスクワークも手が届く範囲で行うので、案外目の前にあるといってもいいでしょう。意外と近くを見続けることは目を疲れさせます。

だから、目に違和感を感じたら目を休ませるのです。たとえば1時間に1回は、10分くらい遠くを眺めるのです。
仕事中に呆けていたら怒られるという場合は、目の周りにある視力回復のツボを指圧するのがお勧めです。
たったこれだけで、視力低下を防ぐことになります。

そして問題なのはパソコンです。最近は経費削減とかで、そうそうに明かりが消されたりしますが、パソコンの画面が明るいために仕事はできます。
しかし、はっきりとした明暗に差がある時は、目が疲労します。これが視力低下の原因となったりするのです。

この時の目は明暗調節を司っている虹彩筋が、広がったり閉じたりを繰り返しています。
パソコンを見ている時は光の量が多いので、瞳孔が小さくなり、暗い部屋のほうへ目を向けた時には、瞳孔が大きく広がります。

その間、視線は絶えず動いていますから、虹彩筋は調節を続けなければならなくなり、目が疲労して、視力低下につながってしまうのです。
ちなみに仕事場はもっぱら外で、太陽と共に仕事をしている人には、明るい日の下で景色を見ながら作業をしているからでしょうか、
あまり視力低下の問題を抱えている人はいません。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー