納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックのメリットとデメリット

レーシックのメリットといえば言うまでもなく、眼鏡やコンタクトレンズなしの、裸眼での生活が送れることです。
眼鏡のわずらわしさもなく、コンタクトレンズの異物を入れる必要もありません。しかもコンタクトレンズのケアに手間をかけることもありません。

そのために、感染症などの心配からも解放されます。しかも朝、目が覚めた瞬間に見える鮮明に見える景色に感動することも少なくありません。
そしてなにより、長い目で見た時の費用は、意外とレーシックの方が得なのです。

例えばコンタクトレンズの場合は、使い捨てだと清潔さは保てますが、必ず買わなくてはなりません。
そして、少し高い良いコンタクトレンズを奮発して買ったのだとしても、維持するための溶液などがかかりますし、
また落としたり、合わなくなったらまた買う必要があります。

そしてそれは、眼鏡も同じことです。度が進んだり壊れたりするたびに買い替えたのでは、かなりの費用がかかります。
そういった費用を数年単位で考えると、アフターケアのあるレーシックの方がお得のような気がします。

対してデメリットは、病院や医師を選ぶまでの難しさでしょうか。絶対に失敗はしたくない手術です。
どんなに調べても調べたりないでしょうし、実際に行って様子を見るのも悪くありません。
中には紹介とかでそのような苦労をしない人もいますが、何の情報もないと病院を探すのだけでも一苦労です。

ですがその点に関しては、妥協はしない方がいいですので、頑張りましょう。
また痛くない手術なのですが、体質的に麻酔が効きにくい人で痛みがある人がいるそうです。翌日にはなんともないのですが、一時的に痛みがある場合もあります。

またしばらくは厚めの眼鏡で目を保護し、寝る時もカプセル状なもので保護をしなければなりません。また目薬も差したりと1か月ほどは不自由さを感じます。
まだまだ他にも、細かな個人的な感覚はあると思いますが、大きなメリット、デメリットとしては一番多い意見です。
やはり一番の経験談としては、レーシックを受ける前と直後は不自由でも、受けた後の自由な感覚と視界に感動をする人は多いようです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー