納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシックはいつから普及したの?

レーシックはいつから行われているのでしょう。
日本でレーシックが行われはじめたのは、最近なのですが、外国ではかなり早くから、このレーシックは行われていました。

実際に外国でレーシックのエキシマレーザーが、1975年には開発され始め、そして1980年代に入ると、
レーシックの臨床実験等が行われていたと言われています。

また、世界でレーシック手術が初めて行われたのはギリシャでしたが、アメリカでも研究が進むようになってからは、
1995年に許可が下りて以降、アメリカ国内でもレーシック手術を行われるようになったそうです。
そしてこのレーシックの普及ですが、レーシックはアメリカでレーシックが認可されてからは、すぐにレーシック手術が広まりました。

それから日本でも2000年頃には、このレーシックが普及し始めるようになり、それ以降は芸能人やタレントも比較的多く手術を受けてますし、
またスポーツ選手も受けています。このように日本でも、現在のアメリカ程の普及率ではないにしても、このレーシック手術は広がりつつあります。
そして、もう視力が回復することはないと諦めていた人たちも、レーシックで視力回復をする事が出来るようになってきています。

ちなみにレーシックは、「LASIK」と文字にすることができますが、これは「Laser in Situ Keratomileusis」の略になります。
「Keratomileusis」はギリシャ語で、角膜を修正するという意味をもっており、
これを日本語に訳すと「レーザーで角膜を修正する」といった意味になります。

このようにレーシックがギリシャ語なのは、一番最初にレーシック手術が行われた国だからでしょうか。
発祥の地はアメリカと言われているのに、そういったところは早い者勝ち式なものがあるのかと、少し不思議になります。

やはり早くから普及が始まり、年間数百万人という事例があるアメリカと日本では、キャリアの差があります。
しかし今では日本もきちんとした実績を身につけた医師も多く、事前の検査や話やカウンセリングがしっかりとしたところであれば、問題はありません。
またレーシック手術を受ける際には、病院や医師のことはしっかりと調べて、安心して手術を受けたいものです。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー