納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

レーシック手術って何?

レーシック手術とは角膜屈折矯正手術のひとつでで、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射することによって、視力を矯正する手術のことです。
そしてエキシマレーザーというのは、目に当てても角膜を通過しないため、角膜にある分子を分散するという特徴をもったレーザーの機械です。
また大事な目に対して、熱を発生させないという「コールドレーザー」作用があります。

それでも一点に照射を続ければ、熱が発生する可能性は高くなるので、現在はレーザーを当てる時間を短くする技術が進歩して、
数秒という時間ですむようになっています。そのため、まず熱は発生しないようになっています。

その上、時間が短いと誤差が生じにくいので合併症のリスクが低減し、手術中の眼の負担も軽減されます。
またメスを使わなくていいというのは、大変に嬉しいものです。やはり目をメスとはいえ、刃物で切られるのは避けたいものです。

このレーシックの手術事態の時間ですが、とても短いです。
手術台に寝て、点眼麻酔を受けて、目のレンズの角膜をエキシマレーザーで照射し、
削って「角膜上皮層」と「ボーマン層」を薄く剥がしてフラップを作り、「角膜実質層」にきちんと戻します。消毒をして終了となります。

ですから手術事態は、10分~30分程で終了します。
ですが、その前の事前の検査やカウンセリングや相談が長いのが、別の意味でのレーシック手術の特徴といえます。

しかしもしそれが疎かにされるような病院ならば、逆に信用がなりません。そういった場合は、そこの病院での手術はお勧めできません。
早く済ませて疲れないのなら、いいのではないかと考えるかもしれませんが、それでは大切な目を預けるのには信用が足りません。
レーシック手術は、受ける病院を選ぶ時点で始まっています。そのためには、医師の話し合いはとても大切です。

またその病院がどのような機械を使い、実際の清潔さなどが自分で直に見た方がいいでしょう。
失われた角質は戻りませんので、きちんと調べて納得のいく手術を受けましょう。

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー