納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

画像

手元が見えにくい、目が疲れやすいなどの老眼の症状は近年では簡単に改善できるようになっています。
これはレーシック手術によるものですが、非常に安全かつ精度の高い視力矯正ができるということで人気を集めています。
遠くも近くも裸眼で見えるようになるというもので、その利便性から考えれば、有用性は非常に高いと言えるでしょう。
ここでは、その詳細について解説していきます。

こんな症状が出たら老眼かも?

画像

老眼の主な症状は手元が見えにくくなるということ。 また、目が疲れやすくなって長時間にわたって文字を見えることができなくなります。 「最近、目を細めないと見えにくくなった・・・」 そんな心当たりがあれば、もう黄色信号です。

老眼のメカニズムを解説!

老眼は簡単に説明すれば「目のピント調整の機能が低下すること」を指しています。 これは年齢を重ねれば劣れる必然。

そもそも正常な目は近くのものを観察する場合は眼球の水晶体という部分を縮めることによって屈折力を強くします。 そして網膜上に映像を映すのです。
この水晶体を縮めるという動きの際は目の筋肉を使いますが、加齢とともに、この筋肉は衰えていきます。 結果的に手元を見る際にぼやけるようになるのです。

老眼治療の流れ・・・

ここではSBC新宿近視クリニックの老眼治療VUE+の施術の場合を例にとって説明していきます。 詳細はこちらのページを参考にしてください。

1:まずは予約から!
画像

無料カウンセリングで話を聞く場合も予約から始まります。
WEBからなら24時間いつでも予約できるのでおすすめです。
予約が完了したら、次は適応検査です。

2:適応検査

適応検査は手術前に必ず行われます。
これは安全性を確保する為に非常に重要なポイントとなる段階。
手術の精度を左右するポイントでもあります。
SBC新宿近視クリニックでは国家資格を持った視能訓練士が検査をおこないます。 その詳細で正確なデータをもとに眼科専門医が安全性を判断します。

3:カウンセリング

カウンセラーによる屈折矯正手術の説明が行われます。
治療のメリットとデメリットまでしっかりと教えてもらえるので安心してください。
また、料金に関しても丁寧に説明してもらえます。
SBC新宿近視クリニックの場合、追加料金などは一切ありません。
明朗会計なので費用面に関しても安心することができますね。
カウンセリングは疑問点などを質問するタイミングでもあるので、質問があれば積極的に聞きましょう。 もちろんカウンセリングを受けた後で手術を受けないと判断しも問題ありません。
ここまでの段階は無料で受けることができます。

4:診察から手術へ

この後は担当医師による診察~手術という段階になります。

無料の見え方シミュレーション

画像

SBC新宿近視クリニックでは治療後の見え方がシミュレーション可能です。 もちろん料金は一切かかりません。
思っていた見え方と違う・・・ということもなくなります。
無料なので興味がある人はぜひ行ってみましょう。
老眼治療手術のメリット・デメリットも解説してもらえます!
無料の見え方シミュレーションの詳細はこちらから。
※無料見え方シミュレーションは新宿本院と大阪院で行われています。

画像

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー