納得できるレーシックを受ける方法

値段・費用・安全性からクリニックを検証!

レーシックの費用を検証したサイトです!
画像
大
中
小

画像

近年では白内障も手軽に手術で回復できるようになってきています。 例えば、レーシック手術でも人気の高いSBC新宿近視クリニックでも白内障治療を受けることが可能。

しかもレーシックとは異なり、白内障治療の場合は保険診療も可能な場合が多いのが特徴です。

その為、診察を受ける際は必ず健康保険証を持っていきましょう。

そもそも白内障とは?

画像

白内障は基本的に加齢によって引き起こされる病気です。
年齢を経るごとに水晶体が濁ってしまうのです。
痛みや違和感、充血などが受けることはありませんが、ものが霞んで見えてしまったり眼鏡の度が合わなくなったりといった症状が引き起こされます。 また、明るいときに今までより眩しく感じるようになったり、物がぼやけて二重・三重に見えるようになったら注意が必要です。

白内障が引き起こされる原因としては老化がもっとも一般的。
しかし、若年者でも症状が引き起こされるケースもあります。
アトピーや糖尿病の場合も白内障を引き起こすきっかけになります。

白内障手術の進歩

画像

数年前までと比べて、近年では白内障手術は合併症や手術後の炎症の発生率が非常に低くなっています。

国内でも年間で100万件近い手術が行われており、一昔前に比べて、かなり気軽に改善できるものになっているのです。

手術において痛みはありませんし、所要時間も片目につき15分程度しかかかりません。
手術そのものも小さな切開で終了するので安全です。

SBC新宿近視クリニックの白内障治療

画像

白内障手術において非常に高い評価を受けているのがSBC新宿近視クリニックです。 非常にリーズナブルかつクオリティの高い手術を受けることができます。

今なら限定20名のみですが、遠近両用の眼内レンズを使ったモニター料金で治療を受けることが可能。

SBC新宿近視クリニックの白内障治療が評価されているのは、個々人の眼の状態を考慮して治療を進めることができるから。
生活のスタイルや眼球の状態にあわせて眼内レンズを選択することができます。 こちらのページではSBC新宿近視クリニックの白内障治療の詳細が特集されています。 ぜひ参考にしてください。

タッチアップ(追加矯正)

SBC新宿近視クリニックでは多焦点眼内レンズで手術した場合に限りますが、乱視や近視までレーシックによって視力を微調整することも可能。

これをタッチアップ(追加矯正)と言いますが、他院で白内障手術をした場合でも改めてSBC新宿近視クリニックでタッチアップすることもできます。

詳細はこちらを参考にしてください。

眼内レンズとは?

白内障手術では眼内レンズを使用します。
これは大きく分けて二種類あり、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズに分けられます。
それぞれメリットとデメリットがありますが、SBC新宿近視クリニックでは自分の眼の状態に合ったものを提案してもらえます。

それぞれの特長についてはこちらのページで紹介されています。

ちなみに、単焦点眼内レンズは健康保険が適用されます。
それに対して多焦点眼内レンズは保険が適用できないものの、クオリティの高い見え方が期待できます。

画像

MENU

おすすめアイテム

レーシックレビュー